2016年度 第9期東京講座 開催日程が決定 !!

 

2016/ 5/15(日)~2016/ 6/26(日) 全14講座

 

本年も、健康気象アドバイザー認定講座を開講することが決定致しました!

その講座概要についてはこちらをご覧ください。

今回のお申し込みは、

認定講座受講規約を読んで戴き、その規約に御承諾戴けますようでしたら、

下記のメールアドレスに、必要事項をご記入して戴き、送信下さい。

メールアドレスは、「bcrc_office@(←半角に直して下さい)bio-clima.net」です。

 

メールのタイトルは、以下のようにして戴けると助かります。

【メールタイトル】 第9期 東京認定講座_申し込み_●●●●(●部は貴兄の氏名を記述下さい)

 

また、お申し込みに必要な記入事項は以下のとおりですので、

これらをメールの内容として記述戴き、送信下さい。

 

【氏名】 姓名の間にはスペース(空白)を挟むようして下さい

【氏名フリガナ】 カタカナで姓名の間にはスペース(空白)を挟むようして下さい

【性別】

【メールアドレス】

【電話番号】

【郵便番号】 999-9999 のように半角でハイホン(-)を挟んで下さい

【住所】

【職種】 学生、無職、主婦、福祉関係、医療関係、など

【勤務先、学校名】 可能ならばご記入下さい

【年齢】 何歳代(三十代、四十代等)で結構です

【受講規約同意】 私は、健康気象アドバイザー認定講座 受講規約に同意した上で申し込みをします。

【お申し込み区分】

詳細は、受講料金表をお読み戴いた上で、下のいずれかをご選択し、御記入下さい。

1) 一般

2) NPO法人 バイオクリマ研究会 会員

3) 学生

4) 健康気象アドバイザー認定者

5) 会員&学生

6) 会員&認定者

7) 法人一括

【会員区分】 NPO法人 バイオクリマ研究会 に入会戴けます場合には、会員の区分、
正会員か賛助会員かのいずれかを選択戴き、それを当欄に記述下さい。
定款 第6条、附則6、他 )

 

以上の手順となりますので、
お手数とらせまして恐縮ですが、宜しくお願い申し上げます m(_ _)m

 

なお、コチラは第9期 健康気象アドバイザー認定講座の

リーフレットと、パンフレット(A4、12枚)です。

お知り合いの方をお誘いする際等に御利用下さい♪

 

 

病は気象から!
健康と気象の関係を伝えるスペシャリストを養成します

 

お天気によって体調や気分が変わることはありませんか?昔から「天気が悪くなると古傷が痛む」などと言われるように、私たちの健康は日々の気象・気候に大きく左右されています。「気象と健康には何らかの関係がある」ということは、多くの人が感じていたり、体験していると思われます。しかし、実際に「どんな気象条件の時にどんな症状が起こりやすいか」、「メカニズムはどうなっているのか」、「実際にどのような対策をとればよいか」ということを学ぶ機会はほとんどありません。

この講座では、これまで「なんとなく」としか捉えられていなかった健康と気象の関わりについて、メカニズムに基づく知識を身に付け、「気象情報を活用した健康対策」をわかりやすく伝えるスペシャリストである「健康気象アドバイザー」を広く世に輩出することを目的としています。近年重要度が増している予防医学の観点からも、生気象学に基づく病気の発症予防の知識を持った「健康気象アドバイザー」が求められています。

 

お知らせ

  • 2016年 1月 6日 2016年度(第9期東京開催)の講座カリキュラムと日程を公開しました!
  • 2015年 1月 5日 2015年度(第8期東京開催)の講座カリキュラムと日程を公開しました!
  • 2014年 1月 1日 2014年度(第7期東京開催)の講座カリキュラムと日程を公開しました!
  • 2013年 5月24日 「事務局からのお知らせ」に「名古屋開催」のご案内を掲載しました!
  • 2013年 5月23日 事務局からのお知らせ」に「薬食料理教室」のご案内を掲載しました!
  • 2013年 1月22日 アドバイザー活動報告を掲載しました!
  • 2012年12月28日 2013年度受講生の募集を開始しました!
  • 2012年12月26日 「スポーツと気象」新規開講決定!
  • 2012年12月26日 「季節と薬膳」新規開講決定!
  • 2012年12月26日 2013年度の講座カリキュラムと日程を公開しました!
  • 2012年10月12日 第7回目の講座レポートを掲載しました。
  • 2012年07月21日 第6回目の講座レポートを掲載しました。
  • 2012年07月07日 第5回目の講座レポートを掲載しました。
  • 2012年06月23日 第4回目の講座レポートを掲載しました。
  • 2012年06月09日 第3回目の講座レポートを掲載しました。
  • 2012年05月26日 第2回目の講座レポートを掲載しました。
  • 2012年05月12日 第1回目の講座レポートを掲載しました。
  • 2012年01月04日 第5期受講生の募集を開始しました。

健康気象の成り立ち

気象と病気との関係を調べる学問を「生気象学」といいます。中でも気象と病気の関係は「医学気象」と呼ばれ、古くからドイツでは循環器疾患などを対象とした、医療機関向けの「医学気象予報」が行われていました。その後、予防医学の一環として、メディアを通じて「健康予報(バイオウェザー)」が一般に提供されるようになり、現在ではアメリカやオーストリア、イギリス、カナダでもバイオウェザー情報が利用され始めています。日本でも「花粉症予報」「熱中症予報」「紫外線予報」などがメディアでも幅広く取り入れられており、更なる健康予報の研究が進められています。